今ではなかなか見られない!こんなにあるレトロなゲーム機の2枚目の画像

出典:d.hatena.ne.jp(出典元へはこちらから)

家庭用ゲーム機としては初めて16ビットCPU(CP1610 0.9MHz)を採用し、グラフィック能力は解像度160×96ドット、16色表示、スプライト8枚と、当時ヒットしていたAtari2600よりも一歩抜きん出た表現力を誇り、アメリカではそこそこの人気を得ることができた。販売台数は20万台を記録。
しかし、1982年に発売した日本では、49,800円という高めの価格から位置づけを高級機としてデパートを中心に発売したものの、販売台数は3万台弱にとどまった。

今ではなかなか見られない!こんなにあるレトロなゲーム機

任天堂の大ヒット家庭用ゲーム機のファミコンから家庭でもゲームを楽しむのが一般的になりましたが、それ以前にも魅力的なレトロなゲーム機が多数登場していました。そんな昔のゲーム機をいくつかご紹介。

その他の最新まとめ

としまえん 閉園検討 跡地に“ハリポタ”テーマパークが建設予定か?惜しむ人・喜ぶ人

東京の遊園地で90年を超える歴史を持つ「としまえん」が段階的に閉園し、跡地に東京...

自作ゲーマーに朗報!新モデル Raspberry Pi 4のポイントが2分で分かるまとめ

自作PC,電子工作のマイコンで有名なRaspberry Piですが、2019年末...

セガの名器メガドライブのリメイク機40ゲーム収録のメガドライブミニ

セガから、令和最初に登場する新ハードとして評判の、2019年秋発売、x多数のゲー...

復刻ゲーム機に歓迎の声☆プレイステーションクラシック

なつかしの、初代プレイステーションのような外観を持ち、プレイステーションソフト2...

Linuxでも手軽に遊べるフリーゲームの数々

バージョンアップごとに高くつくWindowsを脱してLinuxを入れているユーザ...

バーチャルボーイを覚えていますか?

任天堂の開発したゲーム機の中で、当時は驚異の3Dゲーム機でありながら、あまり広ま...

思わず泣ける!プレーするだけで涙の泣きゲー特集

そのストーリーのあまりのすばらしさや悲しさに、思わず涙が流れてしまうような、通称...

今ではなかなか見られない!こんなにあるレトロなゲーム機

任天堂の大ヒット家庭用ゲーム機のファミコンから家庭でもゲームを楽しむのが一般的に...

なつかしいCDROMで驚愕の家庭用ゲーム機PCエンジン

当時、他のゲーム機にはなかった、大量の声や音楽で楽しませてくれたCDROMを搭載...